So-net無料ブログ作成
-| 2010年04月 |2010年05月 ブログトップ

豆乳クッキーダイエットのメリットとデメリット [豆乳クッキー]


ダイエット食品の中のベストセラーと言えば豆乳クッキーダイエットでした。

2008年から2009年にかけての売れ行きはすごかったですね。

職場の売店でものぼりを立てて売られていました。


豆乳クッキーダイエットの基本は、一回の食事を豆乳クッキーにするだけで、健康的に手軽にダイエットをするというものです。

豆乳に含まれる大豆イソフラボンには女性ホルモンの作用があることからお肌にも健康にもよい物質ということでした。

また、豆乳には脂肪を吸収しにくくする作用もあるのです。


そんな豆乳を使った豆乳クッキーダイエットは、俗に言う一食置き換えダイエットです。

特に700~1000kcalぐらい食べるのが当たり前の晩ごはんのカロリーを200kcal程度に抑えることができると言うので効果的でした。

また、歯ごたえがあり、よく噛んで食べることができるので噛む過程で満腹感を得ることでき、分量の割にはしっかりと食べた気分になることができます。


確かにスムースに痩せることはできます。


ですが、豆乳クッキーダイエットにはデメリットもあります。

しょせんは摂取カロリーを減らすダイエットですから、体脂肪ではなくて筋肉が落ちるのです。

さらに、身体の基礎代謝も落ちて、脂肪がつき易い体質に変わります。

つまり、体脂肪率の高い隠れ肥満になり易く、その上にリバウンドもし易いのです。


たとえ豆乳だろうとおからだろうと、カロリーを減らすのはお勧めできません。

カロリーを減らさないで食べる内容を変えて、基礎代謝量を上げるのが一番安全で理にかなった、そしてリバウンドしにくい方法です。

実はそれ、ダイエットの方法ではなくて、高血圧食の中に秘密があったんです。

やることは食事を変えるだけ、ほんとにこれで痩せるんです。
  ↑ ↑ ↑
高血圧がすっと治った実践者さんの声を聞いてみてくださいね。

この人はまだデブですけど、やがて痩せます、劇的に痩せます、私は17.5%も体重が減りました。

(何kg減ったかは恥ずかしいから秘密です。)


子供と一緒にダイエット

癒されたいから癒してあげる♪

ストレスが幸せを連れてくる

セルライト撲滅作戦


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:美容

こんにゃくごはんがどうしてカロリー低くなるの [こんにゃくを使った料理]


こんにゃくの原料はこんにゃくいもという植物です。

食物繊維を豊富に含みますが、カロリーは非常に低い植物です、

栄養価は低い物は昔は敬遠されていたにもかかわらず、その食感が好まれて日本人に愛されてきました。


昔から精進料理などにも煮しめて、その弾力性を肉の味わいの代わりとして利用されてきました。

肉や魚と違って、脂肪分とは無縁であることも含めて、カロリーも少なく、ダイエットには大活躍します。



こんにゃくごはんダイエットとは、そんなこんにゃくをお米に混ぜ込んで炊くことでごはんをかさ上げしようと言うものです。

おしんに出てきた大根めしにもちょっと似てますね。

カロリーの低い混ぜ物をご飯に入れることで日々の主食のカロリーダウンをはかる方法です。


お米を炊く時にこんにゃくを混ぜるだけで日々の食事をローカロリーにできます。

いつも食べるの白米のカロリーを3割~5割も減らすことができることで、ダイエット効果がもたらされるのです。


こんにゃくを一緒に炊くというとちょっと敬遠したくなるかもしれません。

でも、基本的な味わいは普通のお米と変わりがありません。

こんにゃく特有の臭みも、ご飯と混ぜて炊くと不思議と目立たなくなります。


逆に、玄米食などが続かなかった人は、ぜひこんにゃくをまぜる方法を試してみてください。

玄米特有のにおいがなくなって、ぱさぱさ感も取れて、玄米だけでいただくよりもおいしく食べることができます。


そしてこんにゃく入りお米の食感はモチモチで、満足感ばっちり。

よく噛んでゆっくり食べてくださいね。


努力しないで綺麗な身体

リバウンドを防ぐ方法

モデル体質獲得プログラム

ロングタンクトップで重ね着自由自在、スリムでもぽっちゃりでもOK


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

こんにゃくごはん、食べてミソ♪ [こんにゃくを使った料理]

かんてんダイエットや豆乳クッキーダイエットなど、カロリーを減らすダイエットの種類はたくさんありますね。

実は、日本人ならではのお米とこんにゃくでできるダイエットもあります。



ダイエットにお米を、特に主食のたいて食べるごはんを使うことはとても手軽な方法なのです。

なんといっても日本人として生まれた以上、毎日なにかしらお米をいただきますよね。

一日二日ならともかく、三日以上もごはんと無縁で過ごす人はいないでしょう。



その毎日食べる白米にこんにゃくでちょっと工夫するだけです。

お米はとても栄養バランスのいい穀物なのですが、カロリーもたっぷりあります。

毎日摂取するお米のカロリーを、満腹感を損なうことなく減らすことができるのがこんにゃくごはんです。


こんにゃくは、基本的にはでんぷんと水分と食物繊維の塊です。

それでいてこんにゃく芋独特の弾力性に富み、歯ごたえがあり、独特の食感をもちます。

つまり、ゆっくりとかみしめて食べるのに好都合な食材なのです。


元々こんにゃくは、ダイエットフードに世界中で採用されています。

日本でもかんてんとともに古来から減量に向いた食材とされていました。

(身を清めるために修験者やお坊さんが使っていました。)


こんにゃくは弾力性があるのでかみごたえがあります。

よく噛んで食べる事によって満腹中枢が刺激されるし、時間もかかるので、たくさんたべなくてもお腹がいっぱいになった気になることができます。

お米に比べればカロリーは低いのに噛みごたえがあることから、普通のごはんに比べて大幅にカロリー量を減らした食事が可能なのです。


最近ではお米の種類も豊富ですよね、玄米から始まり、古代米・雑穀米など二十七国米なんて言うのもあり、種類は豊富です。

そういうさまざまなお米を、こんにゃくと合わせてゆっくり食べることで無理せずに摂取カロリーを減らしていきたいですよね。


モデ痩せ実践記録

脂肪細胞におとなしくしていただく

そのダイエットが無謀なの本当はわかってるんじゃないの?

脚やせダイエットの理想と現実

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

-|2010年04月 |2010年05月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。